例文を参考に志望動機を書こう【情報サイトを上手く活用】

記事リスト

小学生の書く力

原稿用紙

書く力が求められる

2020年から、大学入試試験制度が変わります。文章問題が増え、自分の意見を文章にまとめる力が必要となります。又、文章問題を理解するだけでなく、書き手の意見を理解し、その上で自分の意見を文章にする力が求められるようになるのです。更に、推薦入試やAO入試等では小論文が積極的に採用され、高度な表現力や文章力が必要となってくるのです。 「 文章を書くことは得意」、という人は少数派ではないでしょうか。何もせずにある日突然、小論文が書けるようになるわけでなく、日頃から小論文を書けるように練習することが大切なのです。 では、日常できる小論文対策には、どのようなものがあるのでしょうか。対策として有効な方法としては、新聞を使うことです。年齢によって選ぶ記事は異なってきますが、毎日気になった記事を1、2本読むようにします。そして、それを切り取りノート等に貼り付け、自分の感想を記入していきます。毎日行うことで愛着が湧き、新聞を読むことを日課にすることができるのです。 年齢が進めば、選んだ記事に対しての自分の意見や提案等を書くことが良いでしょう。難しいければ親子で取り組み、互いの意見を交換する等、対外に自分の考えを発信する練習を行いましょう。 また、一般読者からの投稿記事が掲載されていることがあります。それに対して自分はどう思うか、賛成か反対かの意見をノートに書き、物事を深く考えるように習慣づけることも良いでしょう。この様な練習を少しずつ継続的に取り組むことで、書く力が伸びていくのです。